•  我が国において、「主な死因別にみた死亡率の年次推移」によると、ガンは国民の死亡率の第一位となっています。
    我が国のガン治療も進歩を続けてきました。
     従来、ガンの治療方法は、主に「手術療法」「化学療法」「放射線療法」の3種類があり、三大療法と呼ばれていました。
    しかし、これらの治療法で効果を得るためには、どうしても避けられないデメリットもあり、効果的かつ副作用の少ない治療法が研究されてきました。
    そして、我が国が世界に先駆け実運用に成功した治療法が「重粒子線治療」なのです。


     放射線の中で電子より重いものを「粒子線」、ヘリウムイオン線より重いものを「重粒子線」と呼びます。  重粒子線治療とは、この重粒子線を活用した放射線治療で、重粒子線治療には炭素イオンが使用されています。


     重粒子線治療とは、重粒子(炭素イオン)線を光の約70%の速度まで加速させて照射し、体の深部にあるガン病巣に対して効果的にダメージを与える治療法です。
     重粒子線は、線量集中性が良く、特定のガン病巣にエネルギーを集中させることができます。
    これまで利用されてきた「コバルトγ線」、「中性子線」、「高エネルギーX線」は、体の浅い所にエネルギーが集中してしまい、深部への効果は期待できませんでした。しかし、重粒子線を照射する事によって、これまで不可能であった「体の深部」にあるガン病巣付近にエネルギーを集中させることが可能となったのです。
    また、重粒子線の照射は照射部位がズレない様にするために、体に合わせた専用の固定具を製作して使用します。
    この固定具により、ガン病巣の形や位置(深さ)に合わせた集中的な照射を行う事が可能となり、副作用の原因となりうる「正常な細胞に対するダメージ」を与え難くなったのです。
    重粒子線治療は、「切らずに治療ができて」尚かつ「副作用が少ない」治療法なのです。